当院の滅菌体制

当院は、厚生労働省認定の「歯科外来診療環境体制加算施設」です

当院は、厚生労働大臣の定める施設基準に適合する「歯科外来診療環境体制加算施設」として認定されています。清潔な環境、院内感染防止対策、救急時の安全対策、安全管理などについて、国の定める基準を満たし、安心、安全な診療環境を整備している事に対する国の評価です。

実は「滅菌・消毒」レベルは、医院によってまちまち

実は、皆さんが想像する以上に、歯科医院の「滅菌・消毒」レベルは、医院によって異なるのが現状です。

  • 使い捨て用品を使用(手袋、コップ、エプロン)
  • 超音波、高圧蒸気滅菌器など使った金属器具の洗浄・滅菌
  • 滅菌した器具を空気の雑菌に触れさせないため、滅菌パックを使用
  • 専用機器を使った特殊器具(ハンドピース)の洗浄・滅菌

これらすべてを徹底して行うには、かなりの手間と費用をかけなければなりません。
しかし、診療報酬(治療費)には滅菌・消毒にかかる費用が反映されないために、実施するか否かは医院の「モラル・良心」にかかっています。

  • 基本セット
    使い捨て・滅菌済みの器具を患者さんごとに用意。治療の直前に開封します。
  • 歯を削る道具
    繊細で壊れやすい機械も、衛生管理を再優先して、患者さんごとに滅菌しています。
  • 歯を削るバーも滅菌
    薬液消毒だけになりがちなバーも、手間を惜しまず滅菌しています。
  • 診療チェアも毎回消毒
    気持ちよく座っていただけるよう、毎回消毒しています。
  • うがいスペースも毎回消毒
    お口をゆすぐうがいスペースも、毎回キレイに拭き上げます。
  • 義歯洗浄ブラシも滅菌
    使いまわされることの多い義歯洗浄ブラシ。当院では一人分ずつ滅菌します。
  • 入れ歯(義歯)を超音波洗浄
    ご来院の際には、入れ歯(義歯)を使い捨てのビニール袋で二重にして、超音波洗浄します。

滅菌・消毒基準は「医院のスタッフが、家族を連れてきたいと思えること」

「そこまでしなくても…」と言われることもありますが、様々な外科処置によって唾液や血液を扱う歯科医院ですから、几帳面すぎるくらいの取り扱いをしても「やりすぎ」ということはないと思っています。

医療知識を持ち、医院の内部を知るスタッフが、安心して自分の家族の治療を任せたいと思えるかどうか…を基準に、徹底した滅菌・消毒を行っています。

当院の洗浄・滅菌設備

  • タービン洗浄・注油器
    歯を削る器具を洗浄・注油する機械です。高圧エアーで排出するので、内部まで綺麗にできます。
  • タービン用高速高圧蒸気滅菌器
    洗浄・注油したタービンを、高圧蒸気滅菌器で滅菌します。
  • 小型高圧蒸気滅菌器
    小型の機械を高圧の蒸気で滅菌します。
  • 超音波洗浄器
    治療に使った器具の見えない汚れ、ブラシなどが届かない内部の汚れを、超音波を使って洗浄します。
  • 高圧蒸気滅菌器
    治療に使うピンセットやミラー、トレーなどを滅菌します。
  • ホルマリンガス殺菌器
    ゴム、プラスチック製品など高温や水気を使用できない治療器具を、ホルマリンガスを使用して殺菌します。
  • 蒸留水生成器
    器具の洗浄や滅菌に使用する水は、不純物の含まれていない蒸留水を使用しています。
  • スタッフ募集
  • 医院ブログ
  • キッズ写真館
  • 院内感染防止対策
  • 院内感染防止対策

▲ Page Top